頭皮ニキビはなぜできるのか


頭皮ニキビに気づかず、ブラッシングした時のあの強烈な痛みを経験した人はいると思います。
飛び上がるほど痛いです。
私も経験あります。

また、誤って爪で引っ掻いた時もとても痛いです。
あまりいじりすぎたり、かきすぎると膿が出ます。
その膿が何でもない頭皮についてしまったら、またニキビが増えてしまいます。
悪化させると、膿が垂れてくることも。
こうなってしまうと、膿のにおいも気になってきます。
見た目も悪いですし、何より本人が一番つらいですね。

なぜ、頭皮ニキビができるのでしょうか。

理屈では、正しい洗髪、良い生活習慣を送っていれば、自然と頭皮ニキビも無くなると考えられるのですが、それでも改善されない場合は、アクネ菌のしわざです。
皮膚科に行ってお薬をもらってこなければなりません。

過剰分泌された皮脂が毛根に詰まり、アクネ菌が増えると、炎症が起きて頭皮ニキビになります。

正しい洗髪、質の高い睡眠と良い食生活が頭皮ニキビを減らし、また、予防するためには欠かせません。
そう心がけていて、実際治った例もあります。

毛穴を綺麗にしてあげること、何よりこれが大切です。
シャンプーのあとは、面等でも必ず髪を乾かしてあげてください。
この時、頭皮も乾くようにかけてあげてください。
頭皮を乾かしてあげないと、頭皮ニキビが増える。ニキビ以外のデキモノもあらわれてしまいます。
いやーなにおいも発生しますので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です